櫻子さんの足下には死体が埋まっている アニメや声優について語るよ!

極度のラノベ好き&エレクトーン歴25年の声オタが熱く語ります!

*

シリアルキラー花房はソシオパス?それともサイコパス?

      2016/11/23

第伍骨「呪われた男」以降、静かな花房。
正太郎や百合子の高校生活がクローズアップされているので出る幕がありません。
しかし彼のことです。
クライマックスに向けて着々と準備をしていることでしょう。

スポンサーリンク



正太郎から見た花房

原作では正太郎と花房は「メル友」になっています。
一方で正太郎の蝶形骨を狙っているかのように匂わせる場面もあり、複雑な関係です。

花房──phantom。
シリアルキラーで、僕のメル友。
他人をそそのかして殺人を犯させ、遺体の頭蓋骨を持ち去り、その奥から骨の蝶を奪い去る、邪悪な快楽殺人鬼。
─はじまりの音 第壱骨 ウラ ト オモテ

ちなみにシリアルキラーとは

シリアルキラー(英:Serial killer serial=連続の、順列の)とは殺害行為を主目的に行う犯罪者、あるいは単独の連続殺人犯(連続殺人事件の犯人)に対して使われる言葉である。和名としては殺人鬼(さつじんき)とも称される。

ウィキペディアより抜粋

シリアルナンバーの「シリアル」なんですね。
英語だとなんとなく洒落たスマートな雰囲気がありますが日本語では殺人鬼。
凶悪な犯罪者です。

犯罪用語は日本語の方が罪状がわかりやすくていいのでは?とも思いますが、小説で使うには重くなりすぎるんですかね。

スポンサーリンク



設楽教授の考える花房

教授は入院するまで『蝶形骨を奪う犯人(スフィーノイダー)』について調べていました。

「日本にソシオパスの犯罪者は存在しないと言われている。確かに見つかってはいない。よく日本の年間行方不明者十万人というが、その実九割は発見されているんだ。とはいえ、やはり一割は発見されないままではあるし、その発見者の中には死者も含まれている。遺体の死因が特定されない場合も多い。手慣れた殺人鬼が巧妙に、罪を暴かれずに闊歩している可能性は否めないというのが、叔父貴の持論だ──トリックを使わなくとも、遺体を世間から隠す方法は、残念ながら確かに存在すると思う」
─蝶は十一月に消えた 第参骨 蝶は十一月に消えた

ソシオパスとは

精神医学者によると、サイコパスとソシオパスはある種の大衆向け心理学的用語であり、医学用語ではどちらも「反社会性パーソナリティ障害」に分類されるという。そしてその明確な違いについては、心理学の研究文献に十分に定義されていないのが実情だ。

カラパイア 不思議と謎の大冒険サイコパスとソシオパス(社会病質者)の違いと共通点、危険性を検証(米研究)より抜粋

上記のページでサイコパスとソシオパスの説明を見る限りでは、花房はサイコパスではないでしょうか?

サイコパスの特徴

一般的に、サイコパスは本当の意味で他者と心を通じ合わせるのが難しいと言われている。その代わり、自分の利益になるように人を巧みに操り、表面的な関係を構築する。サイコパスにとって、人は単なるチェスの駒のようなもので、あくまでも自分の目的のために利用する存在でしかない。サイコパスは、いかに自分の言動が人を傷つけようとも、いっさい罪悪感を覚えることがない。

一方で、サイコパスは表面的にはチャーミングで信頼できる人間に見えるため、定職、それもかなり高地位に就いていることも多い。また、家族や一見すると愛情あふれる関係のパートナーがいるケースも珍しくない。高学歴な者が多いが、独学で身につけている知識や能力も少なくない。

サイコパスが犯罪を犯すときは、自分のリスクを最小限に抑え、露見しないよう綿密に計画したうえで実行する傾向がある。

すべて花房の特徴です。
列挙するといかに危険な人物かわかります。まさにphantom。

ソシオパスについて調べている最中こんなサイトを見つけました。

「ソシオパス診断」

私の診断結果は「ウソつきソシオパス」タイプでした。
結構おもしろいですよ。

気になる花房の姿

アニメ第伍骨「呪われた男(後編)」で花房が登場しましたが、この時の演出が気になりました。
花房の姿に櫻子さんの姿が重なりながら切り替わる。
まるで櫻子さんの暗黒面が花房だと言っているようです。

彼の姿にも引っかかります。
黒髪の姫カットにインバネスコート。
花房_顔
櫻子さんとホームズを彷彿とさせます。
これが何を意味するのか・・・。
読めない。

アニメではどう結末をつけるんでしょうか?
直接対決になるのか、解決しないで終わるのか。

まさか櫻子さんと花房が滝壺に落ちるとかw
櫻子さんでやると、ホームズと言うより火曜サスペンス劇場になっちゃいますね。

花房の悪行
→恐るべき花房の呪い
→花房とはどんな人物?

           

スポンサーリンク

     

 - 花房