櫻子さんの足下には死体が埋まっている アニメや声優について語るよ!

極度のラノベ好き&エレクトーン歴25年の声オタが熱く語ります!

*

キャラの強い祖父ちゃんズ ~正太郎の師匠たち~

      2016/11/23

正太郎を育ててくれたと言っても過言ではない祖父母たち。
彼には3組の祖父母がいますが、それぞれ個性的な人達です。

スポンサーリンク



正太郎の母方の祖父母

シェフでジャズ通のお祖父ちゃん
shef

ジャズが好きで、元シェフのお祖父ちゃんは、いつもこじゃれて格好が良い。鼻筋もすっと通っていて、髪はフサフサの白髪。なんでも折り目正しくきちっとしていて、英国紳士然とした佇まいがある。いつも穏やかで、声を荒げるのはみたことがない。
言葉遣いも丁寧で、僕が行儀悪い振る舞いをしようものなら、淡々としたお説教が待っている。
─はじまりの音 Special Short Story 北方の三賢人(スリーキングス)

昔は正太郎におやつにプリンを作ってくれていました。

ガンでなくなった祖母
洋風の食べ物が好きではなく、プリンより水ようかん派。
正太郎にとって一番特別な存在。

やっぱり母方の祖父母と父方の祖父母は、孫の親密度が違いますよね。
子供を育てる母が頼るのは、やっぱり自分の母。
自然に接触回数が増えます。

だから母方のお祖母ちゃんが正太郎のなかで一番特別な存在なのは納得です。

洋食嫌いの祖母とシェフの祖父が夫婦なんて、男女の仲は不思議に満ちてます。

正太郎の兄の母方の祖父母
(永山のお祖父ちゃん)

柔道家のお祖父ちゃん
粗暴で猛々しいが冷静な面もある。
酔うと泣き上戸に。
柔道整復師の資格所持。

料理上手なお祖母ちゃん
夫より10歳年下。物静かできっちりしている。
優しいけれど正太郎に対して遠慮があるのか「よそのお子さん」的気遣いを感じる人。

櫻子さんの家の近くに住む祖父母。
父の連れ子である兄の祖父母であるため、正太郎とは血の繋がりがありません。
この家に頻繁に出入りしていなかったら、正太郎の人生は平凡なままだったでしょう。
永山のお祖父ちゃんに柔道の手ほどきをされていなかったら、第弐骨「あなたのおうちはどこですか」で櫻子さんやあーちゃんを救えなかった。
なんでもやっておくものですね~

スポンサーリンク



正太郎の父方の祖父

釣りと登山が趣味のお祖父ちゃん
yama

長身痩躯で、少し無口で、どこかいつも風に吹かれているような、飄々とした空気を漂わせている。フラッと突然旅行に行ってしまったり、山ごもりをしたりするので、昔から、トーベ・ヤンソンの本に出てくる、人の姿をした妖精のようだと、僕は思っていた。
昔は鹿やクマを撃つ猟師をしていた。事故で片目を失明して以来、もう猟銃を手にするのはやめてしまったけれど、ここらの山を熟知していて(後略)
─はじまりの音 Special Short Story 北方の三賢人(スリーキングス)

一番掴みどころがない人です。
真面目な正太郎にもこの人の血が入っているんですよね。
非日常に憧れが強いのは、もしかしてこの血のなせる業だったりして。

正太郎はこんな子です
→主人公・館脇正太郎はどんな子?
→館脇正太郎の意外な過去~中学生編~

           

スポンサーリンク

     

 - 登場人物