櫻子さんの足下には死体が埋まっている アニメや声優について語るよ!

極度のラノベ好き&エレクトーン歴25年の声オタが熱く語ります!

*

ご当地グルメ

第拾弐骨「櫻子さんの足下には」より

saisyukai
櫻子さんと正太郎
締めは主人公2人でした。
2016年2月7日「クール旭川フェスタ」で
また会いましょう!

第拾壱骨「蝶は十一月に消えた(後編)」より

hiyokopurin2

ひよこプリン(お昼寝プリン)
二度目の登場です。
エチュード洋菓子店では「お昼寝プリン」。
6個入り1,860円(税138円)なり。

好物とはいえ同じ味が6つというのはどうなんでしょう?
お見舞いの人に振る舞えばいいのか。
正太郎の病室には磯崎先生以外、食べ物を持ってきそうです。

第拾骨「蝶は十一月に消えた(前編)」より

appurupai
ばあやさんのアップルパイ
愛情たっぷりのアップルパイ。

ばあやさんのアップルパイは、生地が硬めでしっかりしていて、なにより林檎の部分が分厚い。シナモンのよく効いた、甘酸っぱい林檎が角切りでゴロゴロ入っている。とろとろに煮込んだものではなく、まだ少し歯ごたえのある林檎の食感が気持ちよかった。

小説「櫻子さんの足下には~ 蝶は十一月に消えた 第参骨 蝶は十一月に消えた」より

 

第玖骨「お祖母ちゃんのプリン」より

7syu
ひよこプリン
定番は7種類。
カスタード・苺・チーズ・生チョコレート・ゴマ・抹茶・カボチャ。
櫻子さんが至福の顔で堪能していました。
ばあやさんとの攻防に敗れ、2つ食べることは叶いませんでしたが・・・。

第捌骨「託された骨(後編)」より

purin
ダンデリオンのケーキ箱
中身はカボチャのモンブラン3つ。
本編でも中身を拝むことができません。
無念。

第漆骨「託された骨(前編)」より

パンケーキ
パンケーキ
文化祭の際に正太郎のクラスで出されたパンケーキ。
甘党の櫻子さんの為にクリーム特盛りです。
櫻子さんはご満悦でしたが、胸焼けしなかったんでしょうか?

第陸骨「アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ」より

スイカ花火
花火のスイカ
「櫻子さん今の見ました?スイカですよスイカ!」
「少年。君は花火まで食べ物に見えるのか?」
「違いますって!本当にスイカなんですよ~」

ついに食べられないモノが・・・

第伍骨「呪われた男(後編)」より

誕生日
バースデー・ケーキ
原作では美幸夫人の手作りケーキでしたが、
アニメ版はどこのケーキなんでしょうか?

BBQ
焼き肉

旭川市民は『焼き肉』が大好きだ。この焼き肉というのは、休日に自宅の庭や河川敷で、お肉や野菜を炭火で焼いて食べることを指す。もちろんバーベキューなんてこじゃれた言い方は好まないので、みんな一様に『焼き肉』や『外焼き』と言う。旭川市民がどのくらい焼き肉をするかと言うと、温かい時季、晴れた休日の、昼過ぎから夕方までののどかな時間に、ご近所から、或いは自宅の庭から、お肉の焼けるいい匂いが漂っていないなんて事は、この旭川ではまずありえないっていう、そんなレベルだ。

小説「櫻子さんの足下には~ 骨と石榴と夏休み 第参骨 殺されてもいい人」より

 

第肆骨「呪われた男(前編)」より

ウエスタンパワーズ
ウエスタンパワーズ
正太郎が母親と買い出しに行ったお店。
まさか食べ物以外がくるとは!

ジュース
りんごジュース

林檎は旭川近郊で採れた物らしい。小ぶりで、色づきは控えめだけれど、奥さんがザクっと切った瞬間に、瑞々しい果汁がふわっと霧のように舞うのが見えた。甘酸っぱい林檎の香りがキッチンに立ちこめると、僕の口の中に唾液が溢れる。(中略)ねろねろと横から絞りかすが出てくるのも面白くて、僕はしばらくジューサーに見入った。味見として一杯貰うと、びっくりするぐらい濃厚で美味しい。

小説「櫻子さんの足下には~ 雨と九月と君の嘘 第壱骨 呪われた男」より

 

第参骨「夏に眠る骨」より

シフォンed

シフォンケーキ
この絹のような食感
ふわっふわの生クリームと溶けて…

レポート: 館脇正太郎

 

ライフラプサンのシフォンケーキはオンラインショップで購入できます。

径:23cm
デビューして18年変らぬ人気です。大きいので、ふわふわ感が違います!大勢で頂けるので、満足感があると思います。味の種類はバニラ、メープル、抹茶、シナモンココア、パンプキン、バナナからお選び下さい。

「旭川の紅茶専門店 ライフラプサン」サイトより

デンスケ

デンスケスイカ
ばあやさん
あれを食べなければ夏は始まりません。
シャリシャリ~っとしたあの食感!
キーンと冷やした果肉をひと匙ふくめば、
驚くほど甘い果汁が口いっぱい溢れて…

レポート: ばあやさん

 

スイカ
ばあやさんがスイカを切るシーンより。
ちゃんとシールが付いているので、正真正銘デンスケスイカです。

第弐骨「あなたのおうちはどこですか」より

ビタミンカステーラ

高橋製菓 ビタミンカステーラ

道民のソウルフード、それはビタミンカステーラです。子どものころ、おやつといったらこれでした。
どこのお菓子屋さん、スーパー、コンビニにも売っている定番商品なんです。おばあちゃん世代は必ずと言っていいほど買ってきます。
90年以上も道民から愛されている超ロングセラー商品で、パッケージも私が子どものころのまま。ぱさぱさしていて、とっても素朴な味なんですけど、たまーに食べたくなります

日本経済新聞 列島あちこち食べるぞ!B級ご当地グルメ
第142回 北海道ご当地グルメ(その3) より

 

第壱骨「骨愛ずる姫君」より

甘エビ

甘エビ

我慢しきれずに宝石みたいに綺麗な一匹を取り出すと、ぴしっと尻尾で指を弾かれた。生きたまま殻を剥くのは少し残酷な気がしたし、何より殻がしっかりと身に張り付くように締まっていて、とても剥きにくかったけれど、透き通った身を口に放り込むと世界が変わるようだった。醤油なんか付けなくても、塩水だけで十分に美味しい。甘エビ特有のあの身の甘さは無いけれど、その分香りがとても良く、プリプリを通り越してブリブリとした確かな弾力がとても小気味よい。

小説「櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第二骨 頭」より

 

ザンギ
ザンギ

北海道民のソウルフードともいえるザンギ。言ってしまえば鶏の唐揚げだけど、道産子はそんな小洒落た言い方をしないものだ。
両手を合わせていただきますをしてから、僕は外はカリカリで中はふっくらジューシー、肉汁たっぷりのザンギに舌鼓を打ち、ピカピカで粒のしっかり立った白米を口いっぱいにほおばった。

小説「櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第参骨 薔薇の木の下」より

公開日:
最終更新日:2015/12/24