櫻子さんの足下には死体が埋まっている アニメや声優について語るよ!

極度のラノベ好き&エレクトーン歴25年の声オタが熱く語ります!

*

第捌骨「託された骨(後編)」骨と謎だらけの展開はどう収束するのか?

      2016/11/23

前編は文化祭があったのでコミカルな場面が多めでした。
しかし人骨が見つかったとなると、後編に明るさは期待出来ないかもしれません。

スポンサーリンク



あらすじ

理科室の標本整理中、箱のなかから人骨が見つかった。調査の結果、その骨は佐々木の知人女性のものと判明する。正太郎は、骨とともに見つけた写真に書き添えられていた短歌が気になり・・・・・・。

Newtype 12月号より
磯崎先生、見事な残念っぷり編

違和感MAX 普通の人と同じ行動をとる櫻子さん

櫻子さんの不可解な行動
前編では櫻子さんらしからぬ「普通の人がとる行動」が見られます。
とても自然なので見過ごしてしまいがちです。

・前編冒頭の考えるポーズ
事件が起きたわけでもないのに、正太郎の話を聞きながら考えるポーズをしていました。

安楽椅子
安楽椅子に座った横向きのカットなので目立ちませんが、間違いなく考えている時の手の形です。

・学校の隅にある理科室に
「こんな端の教室なのによく嗅ぎつけたっていうか・・・・・・」
正太郎もボヤいていますが、初めてきた学校は不案内なので普通は一人で歩き回らないでしょう。
理科室にいた事に正太郎は疑問を持っていませんが、いつもの櫻子さんなら義理を果たせば帰宅するのでは?

・人の骨が見つかったのにすぐ警察に通報

第壱骨「骨愛ずる姫君」で頭蓋骨を掘り当てた時は
「素晴らしいコレクションになるぞ。」
「今日一番の収穫だな!」
とはしゃいだうえ事件解決後コートにくるんで持ち帰ろうとしたり、

第参骨「夏に眠る骨」では、遺体発見後正太郎が警察に通報する際は
「だが君は無情だ。あまりにも心がなさすぎる」
と正太郎を詰っています。

アニメではカットされていますが、原作では
「通報しよう。この骨は、このままここへ置いておくわけにはいかない」
と率先して通報を促しています。

どう考えても不自然です。

スポンサーリンク



なぜ叔父のお見舞いに「今」訪れたのか

原作ではちょこちょこ叔父さんのお見舞いに行っている櫻子さん。
毎回薔薇を手に病院を訪れていますが、今回はなし。
しかも「未解決事件ファイル」を借りています。

今回の人骨と関わりがあるのでしょうか?
ただ叔父さんと話していた時の回想シーンから考えると違う気も・・・

「思い出したりはしなかったんですか。この手は何度も触れたてたな・・・とか」

「あの日も雨だった」

ソウタロウや以前飼っていた猫を髣髴とさせます。

猫の骨はどこへ?犯人はやはり・・・

rei

初めて理科室を整理した時にはあった猫の骨格標本。
しかし警察から返却されたものの中にはありませんでした。
磯崎先生に確認するも、そもそもリストに記載されていないという不可解な事態に。

犯人はどう考えてもリストを作成した櫻子さん。

彼女はなぜ猫の骨格標本を持ち帰ったのでしょう。
家にはすでに猫の骨格標本が一体あるのに・・・

           

スポンサーリンク

     

 - アニメ