櫻子さんの足下には死体が埋まっている アニメや声優について語るよ!

極度のラノベ好き&エレクトーン歴25年の声オタが熱く語ります!

*

第拾壱骨 蝶は十一月に消えた(後編) 思いが交錯する解決編

      2016/11/23

意味深な嗤いを残して去っていった花房。
叔父から借りたファイルを熱心に読む櫻子。
この事件の顛末やいかに!

スポンサーリンク



あらすじ

一重の最近の動向を調査した結果、彼女の親友である津々見三奈美の存在が浮かび上がった。三奈美と一重、二葉の3人はまるで姉妹のように仲がいい親友だったという。早速、三奈美のもとを訪れた櫻子たちだったが、思いがけない情報を入手する。なんでも、かつて、彼女たちは、森のなかに建つ”秘密の隠れが”でよく遊んでいたというのだ。「一重はそこにいる」と断言する三奈美に連れられ、隠れがへと向かう櫻子たち。三奈美のことばどおり、そこには弱り切った一重の姿があった。ひとまずは彼女の生存が確認でき、最悪の事態は回避することができたと胸をなで下ろす一同だったが・・・・・・。

Newtype 1月号より

予告動画 ばあやさん、いつもありがとう編

一重は別荘で何をしていたのか

えぇ、いう通りにしたわ
嬉しい、やっと飛べる
私蝶々になって飛んで行くからね
先生、大好き!

一重は花房と電話をしていましたね。
一瞬そこから花房を辿れないかとも思いましたが、アシが付くようなようなヘマをするような可愛げはないはず。
履歴から所有者を割り出したところで、別人の所持になってるんでしょう。
徹底して表に出ないようにしてますから、花房。

kusuri

もう1つ。
彼女は大量の薬を飲んだ形跡がありました。
ベッドの上に薬のシートが散乱していたのが証拠です。
花房との会話から考えるに睡眠薬を大量に飲んだのでしょうが・・・。
睡眠薬だとすると致死量には遠くおよびません。
びっくりするほどの量を飲まないと自殺出来なかったはず。
なので大抵の場合失敗して発見され、胃を洗浄されて助かると。

でも、どこで入手したんですかね。
父親が開業医で院内処方だった場合、忍び込んで盗む?
精神科医で寝むれないと嘘をついて処方してもらう?
花房から渡された?

睡眠薬はドラッグストアでは売ってないですから。
入手経路が気になるところ。

事件の鍵は蝶マークのペインティングナイフ

373_2

だからこれで蛹を破って欲しい
私の蝶になってくれるね。三奈美

三奈美にペインティングナイフを渡していましたが、これでどうしろと?
ペインティングナイフは油絵の具を混ぜたり、これで広い範囲の色を塗ったりする道具。
間違っても凶器にはなりえません。

象徴的なものとして渡したということは分りますが、渡された三奈美はどう解釈したのでしょう。

エンディングシーンで花房がこのペインティングナイフを落としていたのも気になります。

nighf
蝶マークのペインティングナイフが1本なのか、複数あるのか。
たまたま落ちたのか、わざと落としたのか。
この直前、鼻で嗤っていたこともあって意味深。

そもそもの問題として花房は油彩が専門なんでしょうか。それとも水彩?
一重の絵も三奈美の絵も油絵にはみえません。
まあ、こってり絵の具を塗るタイプでないだけかもしれませんが。
でも三奈美の絵が描かれたキャンバスからすると水彩に思えてるんですよ。
水彩の場合は木枠に紙を水張りしてマスキングテープで固定、裏は木枠のベニヤ板が見えます。
油彩の場合は木枠にゴツい布(画布)を張るのでピンで固定、木枠も本当に枠だけで裏から見ると木枠と画布が見えます。
高校時代にちょっと齧っただけの知識なので間違っているかもしれませんが。
イマイチ納得いかないんですよね。

でも油彩が専門でないとペインティングナイフは不要になってしまいますね。

スポンサーリンク



磯崎先生の囚われた過去

前編と予告動画を見る限り一重とは合流できそうですが、問題は二葉。
彼女は今どこにいるのでしょう。
そして囚われていた過去に磯崎先生はケリをつけられるんでしょうか。

akiramenai

今度は僕もあきらめない

いい結果が出るといいのですが・・・
「櫻子さんが歩けば死体に当たる」ですからねぇ

櫻子さんは何を掴むのか

だから気付かずにいた
櫻子さんが本当は何を考えていたのか
この事件の先に何を掴もうとしていたのか
彼女の中にある骨は徐々に繋がれていく

第拾骨のエンディングで正太郎がモノローグしていましたが、確かに櫻子さんの様子が少々変です。
妙にエンジン全開というか・・・。
第捌骨で叔父貴から借りたファイルと惣太郎。
この辺がカギなんでしょうが。

櫻子さんの本当の望みとは。
明らかになるのかな?

第拾骨 蝶は十一月に消えた(前編)の
→あらすじはこちら
→内容・感想はこちら

           

スポンサーリンク

     

 - アニメ